近年のランドセルには様々な素材、種類、カラーがあります

ランドセル事情

近年ランドセルを制作する企業やブランドは多岐にわたり、素材やデザイン、カラーバリエーションも豊富になってきています。
種類が豊富なため、いざランドセルを購入しようとなるとどれを購入するか迷ってしまう人は少なくありません。
選ぶ際にほとんどの人が重要視するのはフィット感や素材を踏まえて、軽さを重要視している人が多くいます。
子どもが気に入ったデザインを踏まえて親が重要視する軽さですが、もちろん軽いだけではなく強さや機能も重要です。
小学校1年生から6年生までの6年間使用するので耐久性やその間の成長に応じた機能もしっかり確認する必要があります。
また、近年登下校中の事件や事故が相次いでいることから、ランドセルに光る機能がついたものや防犯ブザーを掛けるフックがついたものも販売されています。
軽さや耐久性をふまえて、安全性や機能性の高いものを選ぶことも忘れてはいけません。

一般的に多く親しまれているランドセルの素材は大きく分けると、人口皮革と牛革、コードバンの3つに分けられます。
クラリーノは化学的につくられた人口皮革で、軽くて丈夫なことから長年ランドセルの素材として使われています。その他にもスポーツ用品など多岐にわたって使われています。
牛革は、昔から鞄や靴には多く使用されてきた素材で、牛革ひとつにとってもその部位や加工方法によって価格も大きく変わります。
コードバンは、牛革に比べても値段がかなり高く、天然の革の中でもかなり高級品といわれています。
特に馬のおしりからとれるコードバンは革の密度も高く、強い素材ですが、その分重量は重くなります。高級品ではありますが6年間使用することを考えてコードバンで作られたものを購入する人も少なくありません。

基本的に重さは人工皮革、牛革、コードバンの順に重くなっていきます。軽さを重要視する人が多いことから、人工皮革のランドセルは多く販売されています。
人口皮革のランドセルは、基本的に牛革やコードバンに比べると同じ大きさでも最大だと半分の軽さになることから人気があります。
また、価格も天然皮革に比べると安価で、高くても5万円ほどの物がほとんどです。
牛革は、人工皮革に比べると少し重く、人工皮革より200グラムから300グラムの差が出ます。牛革となると天然の革なので部位に応じて価格が大きく変わりますが、安いものだと3万円程度で購入が可能です。
コードバンになると重量は重くなり、人工皮革に比べると、差が大きいものだと600グラム近く差が出ることもあります。
高級品ということから、高いものだと十数万するものもあります。


カラーが豊富

昔ランドセルというと赤か黒ということがほとんどでしたが、今ではそれぞれの個性や好みに応じて様々な色で展開されています。1つの種類で24色もの色展開をしているメーカーもあります。

この記事の続きを読む

注意すべきこと

ランドセルを購入する際にはいくつか注意しなければならないことがあります。子どもの好みだけに合わせてしまうと価格がかなりあがってしまうこともあります。その他安全性や機能性もふまえて、購入する際の注意点をいくつか紹介します。

この記事の続きを読む

相場はどのくらい

基本的に日本でランドセルを購入する際にはだいたいの価格相場があります。また、近年は少子化の影響もあってか、1人あたりにかける価格も上昇傾向にあります。より最適なランドセルを購入するためにも価格相場を知ることは大切です。

この記事の続きを読む

修理や掃除をする

ランドセルは6年間も使うので修理や掃除が必要です。小学校という成長期で同じ鞄をずっと持つので修理や掃除の方法を理解しておくことはより長く大切に使ううえで非常に重要だといえます。

この記事の続きを読む